海外旅行先は治安と親日国かどうかで決める!人気のブータン旅行

学生でも気軽に海外旅行を楽しむことが可能となったため、卒業旅行という名目でアメリカやイギリスへ行くケースも非常に増えたと言えます。若き日の経験次第では、大人になってからも数カ月に1度のスパンで海外へバカンスに出かけることもあるでしょう。

しかし年齢や性別、これまでの渡航経験に限らず外国へ行く際には必ず注意しなければいけないことがあります。それは【渡航先の国の治安および日本人への意識】です。1年に何度かはニュース番組において見聞きするはずです・・・海外旅行先にて日本人が事件に巻き込まれるという話を。

特に年齢の若い学生や経験の浅い30代未満の人達は、事前に治安や親日国であるかどうかの情報収集をした方が良いと言えるでしょう。親日として有名な国にはタイやトルコ、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、ブータンなどがあります。勘のいい人であれば何故、日本人に対して優しい国民性であるのかも理解できるはずです。

中でも旅行代理店などをチェックしてみると、最近ではブータン旅行を取り扱うケースが増えていますので、今までに訪れたことがなければ渡航先の候補に加えてみるといいでしょう。ブータン旅行の多くは自然を堪能するツアーやハイキングツアーが主力商品となっています。

そのため体を動かすことが大好きな人であれば、随分と楽しめると思うのです。またGNHトラベルアンドサービスという会社では、農村体験や民家に泊まるといった斬新なプランを用意していますので、好奇心旺盛な人はコチラ(http://www.gnh-bhutan.jp/)から取り扱いプランやツアー内容を確認してみるといいでしょう。

※旅行代理店⇒ブータン旅行・観光ならGNHトラベルアンドサービスにおまかせ!